Try My Best

できれば良い場所で働きたい!求人情報から会社を探る!

頻繁に見かける会社について

求人情報を見ていると、頻繁に見かける会社とそうでない会社があります。頻繁に見かける会社は、採用基準が厳しくてなかなか人材が決まらない場合や人が頻繁に辞めている場合などがあります。問題なのは後者で、基本的に良い会社であれば人材は離れようとはしません。なので人が頻繁に辞めるということは体制に何らかの問題があるのだと推測できます。未経験歓迎など入りやすさをうたっておきながら頻繁に見かける会社は要注意の可能性があります。

その給与は現実的ですか?

求人票を見ていると、新入社員の段階でかなりの高給からスタートというような表示を見かけるものです。単純に考えるととてもおいしい話のように思えますが、基本的にうまい話はそんなに無いと考えた方が良いです。高給なのは、残業代を含めた数字である場合が多いのです。どんなに残業があっても収入が多ければ良いという考えの方にとっては特に問題ありませんが、残業はあまりせずに自分の時間を確保したいという方にとっては良くないです。

違和感のある募集人数に注意

例えば就業場所の人数が合計10人の会社の求人票があったとして、そこに記載されている募集人数が3人と書かれている場合とても違和感があります。もちろん事業を拡大するなどの別記があれば納得できるのですが、それがない場合は3人をとりあえず採用して使える人間を残すという方式をとっている可能性があります。合理的ではありますが、最初から自分だけを信じて欲しいと感じている場合は気持ちの良い方式ではありません。いかがでしたか?求人票から推測できることは多いので、よく観察してみましょう。

CADオペレーターの資格取得への関心が高まりつつあります。建築関係の仕事などにかかわる資格で、就職先なども多くあります。