Try My Best

本当に即戦力とできるのか!?同業転職者との付き合い方

参考になることもあるけれど

介護施設での経験のある転職者だとすぐに慣れて即戦力になってくれるだろうと思いがちかもしれません。しかし、中には前の職場ではこうだったと指摘してくることがあります。最初のうちはほかのスタッフも参考にできるようなことがあるものの、あまりに主張が多いと自分たちのやってきたことが否定されているようでチーム内の輪が乱れてしまうでしょう。ただし、介護業界でそれなりのキャリアを積んできたからこそのプライドがあるということをまずは理解したうえで対応を検討していきましょう。

相手の主張はいったん受け止めて

同じ介護業界から転職してきた人が前の職場の話を持ち出す場合、自分を認めてもらえていないはがゆさからということも考えられるでしょう。そのため、まずはそうした相手の気持ちに共感することが大事になります。わかっていても忙しいとつい忘れてしまいがちなので、信頼を得ることにつながりますから意識して対応していきましょう。また、認められたい気持ちのある人には意見を求めるようにすると頼られているなという気持ちがわくので効果的ですよ。

即戦力の人材が埋もれないように

意見を求めることで自分ではよくわからず言えなかったという本音が聞き出せることもあるでしょう。それを見過ごしているとせっかくの即戦力が力を発揮することなく埋もれてしまいます。同業からの転職者だからこそ施設長としては本音の部分を探るようにしましょう。また、今までやっていたことがやり方が違うだけで戸惑っているということも考えられます。即戦力だからと期待をかけすぎたり、それくらいは知っているよねというような状況は周囲に聞くに聞けなくなることもあるので気を付けましょう。

介護の求人情報はハローワーク以外に、ホームページや新聞折込など多くの媒体から検索することができます。