Try My Best

子育てと仕事を上手にするにはどうしたらいい!?

12歳までは子供が自我を形成する重要な時期

子育ては子供が生まれてから20歳までの20年間続きますが、その中でも中学生になるまでの12年間は手がかかる時期になりますね。それと同時にその12年間は親の影響を最も受ける時期でありながら、子供の自我を形成する時期でもありとても重要な時期なのです。その時期にどれだけ子供が親と接することができたかでそれから先の人生が決まっていくと言っても過言ではありません。できるなら子供と過ごす時間を大事にしたいところですが、現実的には子供の成長とともにお金が必要になってきます。

仕事と子育ての両立をするには

子供の面倒を見ながら仕事を両立させるためには、一般的によく利用するのが保育所です。保育所に預けている間に仕事に行き、仕事から帰ってくるときに子供を引き取りに行くわけですが、子供と接する時間は短いままです。もし、子供と接する時間を長くするのであれば、自宅でできる仕事を探すべきですね。自宅でできる仕事であればもし、3歳以下の子供がいる場合であれば子供が寝ている間だけ仕事を行うようにすれば効率的なのです。

どうしても外で働く場合

自宅で仕事ができるのであればよりベターですが、実際にはなかなか自宅でできる仕事を探すのは難しい一面はあります。もし、見つけたとしても思ったように稼げないこともありますからね。そこで、外で働くという選択を考えたときには通勤時間をできるだけかけないようにしなければなりません。できれば10分以内で通えるところがいいでしょう。子供と仕事の両立を考えた場合、時間こそ命だからですね。また、子供はしょっちゅう具合を悪くすることがありますので、融通の利く職場を選びましょう。

シングルマザーの仕事の種類には様々なものがありますが、勤務日や仕事内容などを十分に把握することがポイントです。