Try My Best

より良いマンスリーマンションを探すためにできること

長期出張の住まい探し

業種によっては20代から30代にかけて1ヶ月ほど家を開けるような長期出張の機会があります。そんな時に住まいを賃貸物件にするのか、マンスリーマンションにするのか迷う人が多いです。マンスリーマンションのほうが安いという簡単な理由で決めて後悔する人もたくさんいます。確かにマンスリーマンションは安いうえに、すぐに契約できるという手軽さがあります。しかし、それは家賃だけを考えた場合です。実際に住むのであればその他の費用をすべて考慮しなくてはいけません。

マンスリーマンションにかかる費用

マンスリーマンションに滞在するためには家賃の他にも、食費や光熱費、インターネット代などが必要です。さらに物件によっては入居金や各種保険代などが請求されます。仮にこれらすべてが請求された場合、家賃の何ヶ月分ものお金が必要になります。このような費用が一切かからないところは少し気をつけたほうがいいでしょう。住む前になぜ家賃以外の費用がかからないのかを管理会社に聞いておくと安心です。このような説明がスムーズにできる会社は信用できるのでなにかあっても心強いです。

決定に際し注意すべきこと

一般的な部屋が相場よりかなり安くなっていた時には注意が必要です。そのような物件は写真以上に老朽化していたり、記載以上に駅から遠かったりすることが考えられます。これはすべてのマンスリーマンションで当てはまりますが、入居を決める前に実際に物件に足を運び、自分の目でどんなところか見る必要があります。下見を断るような会社を信用するのは危険です。同じところに住んだことのある同僚がいたら話を深く聞いてみるといいです。インターネットの口コミもある程度は参考になります。

マンスリーマンションとは月単位で契約するタイプの賃貸マンションのことを言います。短期だけ住みたいというような需要に応える役割があります。